製品情報

トップページ製品情報電気接点関連 > 電極材料 データ集 -電極選定の一助に-

電気接点関連電極材料 データ集 -電極選定の一助に-

電極材料 データ集 -電極選定の一助に-
 当社、各種電極材料の常温硬さと電気伝導率、高温硬さ、機械的/熱的諸物性、ワーク別/用途別の推奨電極をまとめました。

電極材料の常温硬さと電気伝導率IACS%

 図1は当社の電極材料をマッピングしたもので、横軸が常温硬さ(HV)、縦軸が電気伝導率(IACS%)です。
比較としてクロム銅、アルミナ分散銅、タフピッチ銅(C1100)を載せています。硬さが増す材料を選定すれば
(横軸の右方向にいけば)、電気伝導率は下がり電極の発熱が多くなることを示しています。
 タングステン/モリブデンおよびこれら合金は、クロム銅やアルミナ分散銅に比べ高温強度に優れる反面、
電気伝導率と熱伝導率が低く、酸化しやすいという点があります。クロム銅やアルミナ分散銅などと同じ溶接
条件では溶接点の温度は高くなり、溶接物との溶着などの不具合が発生することがあります。電極の形状や溶接条件も見直し、電極と被溶接物とのヒートバランスをとる必要があります。これら溶接条件は、溶接物や
溶接機の条件により多種多様です。ベストな条件をアドバイスできるよう、当社ではお客様からのご相談内容
を蓄積し、データベース化に取り組んでいます。
図1 電極材質のHVとIACS%

※電気伝導率(%)は、日本粉末冶金工業規格JPMA-5に準拠して万国標準軟銅(International Annealed Copper Standard)の比抵抗(1.7241×10-8Ω・m)に相当する電気伝導率を100とした相対比で表示したものです。

各種電極の高温硬さ

 図2は横軸に測定温度(℃)、縦軸に硬さ(HV0.5kg)を示しています。タングステン(W)の高温硬さが抜群に
優れていることがわかります。
図2 各種電極の高温硬さ

各種電極材料の機械的諸物性

表1 各種電極材料の機械的諸物性

各種電極材料の熱的諸物性

表2 各種電極材料の熱的諸物性

ワーク別/用途別の推奨電極

表3 ワーク別/用途別の推奨電極

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ