製品情報

トップページ製品情報電気接点関連 > 抵抗溶接用電極

電気接点関連抵抗溶接用電極

抵抗溶接電極ガイドブック(第2版)無料送付受付中
 ご好評頂きました抵抗溶接電極ガイドブックの第2版を発行しました。昨年7月に初版発行後お客様からの感想をお聞きし、ご要望を反映し初版内容に下記青字で示します内容を追加しました。

 1. 銅など非鉄金属の抵抗溶接について
 2. 抵抗溶接におけるW、Mo系電極のポジション
 3. 推奨電極材及びトラブルシューティング
  3-1 ワーク材質と推奨電極材質
  3-2 お困りマップ
  3-3 溶接不具合特性要因図
 4. タングステン、モリブデン系電極の用途例
 5. 当社電極ラインナップとその特徴・
 6. お客様のご要望対応
  @ 電極の長寿命化(NDB法)
  A 高温での使用環境に適した電極材料『セリタン』
  B クラック除去時の再研磨しろ削減
  C ヒーターチップの裂けクラック対策
  D めっき鋼板用キャップチップ電極の長寿命化
  E アルミ溶接用電極の開発
  F Niと反応しにくい電極材料
  G 電極先端の突出し寸法と発熱量の関係

 7. 参考データ集
 8. 海外に生産拠点をお持ちのお客様へ

→ 資料請求はこちら

3分でわかる日本タングステンの抵抗溶接電極

ご要望の多かったニッタン技報36号(抵抗溶接特集)掲載しております。

クロム銅を使っているが寿命をのばしたい…
熱処理(HT)によって硬さと電気伝導率(IACS%)を改善した電極では、繰り返される加熱によって鈍っているのです。

銅の溶接/銅の熱カシメだが、品質が安定しない…
電極を発熱させるのがポイント!
クロム銅/アルミナ分散銅では耐えられない高温領域です。

このような抵抗溶接/熱カシメには、タングステン(W)、モリブデン(Mo)、これらの合金電極が高性能を発揮します。ヒュージング電極、スポット電極にも最適です。
また、銅シャンクを直接接合した「NDB電極」は、加熱休止時に、速やかに熱をシャンクに逃がします。
寿命アップ、溶接品質安定、ショットサイクルのアップに効果絶大です。

電極材料として一般的に下記性質が要求されます。

1)高温下で変形しにくいこと
2)熱、電気伝導度が良いこと
3)被溶接材及びメッキ材と合金化しにくいこと
4)大気中で酸化しにくいこと
5)安価であること


抵抗溶接は、非常に微妙なもので、どの電極が適しているとは一概には言えません。
銅、銅合金以外であれば、銅電極、クロム銅、アルミナ分散銅などで試していただき、寿命、性能などがよくない場合、下記のタングステン系電極で検討される事をおすすめします。ヒュージング等も含め、銅線や銅板等の抵抗溶接には、タングステン系電極をおすすめ致します。
なお、タングステン系電極はISOではBグループで設定されておりますが、JISでは設定されておりません。

アメリカ抵抗溶接製造者協会RWMA(Resistance Welder Manufactures Association)規定材種をご紹介します。
RWMA-11は銅タングステンで当社のエメC30A2相当品です。
RWMA-13は純タングステンで当社呼称はTR(Tungsten Rod)です。
双方とも 当社の接合技術であるNDB法で銅シャンクと直接接合できます。従来の圧入やロー付けでは不可能な高頻度の溶接を実現できます。
また、電極自体の消耗を押さえ、交換頻度が減少し、溶接品質が安定化実績があります。

◎NDB法説明ページ

推奨電極材料のご紹介

ワーク ステンレス鋼、軟鋼及び低合金鋼板の場合 (亜鉛メッキ品は除く)
電極材料 Ag-WC系 (当社材質HS01等) Ag-W系 (当社材質S35A2等)
被溶接材の成分である鉄、クローム、ニッケル等と反応の少ないAgと、高融点、高硬度のWCやWと複合合金化したものです。特に Ag-WC系電極は、タングステン系電極のなかでは最も酸化し難く、優れた特性を発揮します。

ワーク 銅及び銅合金の場合
電極材料 Cu-W系(C20A2等) 純Mo 純W
被溶接物が銅系の場合、Ag-W,Ag-WC等の銀系電極を使用しますと銀と銅の共晶反応により、電極と被溶接物間が溶着しやすくなり好ましくありません。熱間カシメ等のように電極自体を発熱させる必要がある場合は、固有抵抗が比較的おおきくて銅と固有しない純Mo、純Wが適しています。

日本タングステン抵抗溶接電極材種

  呼称組成比重硬さHVIACS%切削加工研削加工NDB
当社材種純タングステンTRW 99.9% 以上19.345031
純モリブデンMRMo 99.9% 以上10.225030
銅タングステンC10B211%Cu-W16.833030快削
C20A220%Cu-W15.628040快削
C30A230%Cu-W14.222548快削
銀タングステンS35A235%Ag-W14.821053快削不可
銀タングステン
カーバイト
HS0140%Ag-WC12.825037不可
ヘビーアロイHAC2W-4%Ni-2%Cu17.928019快削不可
比較材クロム銅Cu-1%Cr(HT材)8.915080可(軟)不可
アルミナ分散銅Cu-0.5%Al2O38.715080可(軟)不可

溶接材質と推奨電極材

PDF版はこちらです。
溶接材質と推奨電極材

お試しセット

呼称お試し価格 (税抜き)通常価格 (税抜き)形状
C30A2@6,600円@13,000円
C10B2@6,600円@13,000円
S35A2@6,600円@13,000円
HS01@6,600円@13,000円
HAC2@6,600円@13,000円
NDB-TR@6,600円@13,000円
NDB-MR@6,600円@13,000円

お試しセット発注書

この用紙に記入後FAXをお願いします。
抵抗溶接お試しセット発注書

抵抗溶接に関する技術的なアドバイスご希望の方は、下記のアンケートにご記入後FAXをお願いします。
抵抗溶接用電極アンケート用フォーム

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ