企業情報
サイト内検索
トップページ企業情報> 会社沿革
企業情報

会社沿革

1931年(昭和06年)04月 佐賀市に日本タングステン合名会社設立、住吉工場(福岡市住吉)を開設しタングステンの製造、販売を開始
1931年(昭和06年)07月 東京出張所開設(現東京支店)
1932年(昭和07年)03月 大阪出張所開設(現大阪支店)
1932年(昭和07年)09月 株式会社に改組、同時に東京電気株式会社(現株式会社東芝)の傘下に入る
1932年(昭和07年)11月 本社を福岡市住吉に移転
1941年(昭和16年)01月 昭和冶金株式会社を吸収合併
1948年(昭和23年)07月 独占禁止法施行により東京芝浦電気株式会社(現株式会社東芝)が保有する当社株式を持株会社整理委員会に譲渡
1951年(昭和26年)04月 持株会社整理委員会より上記株式を公開
1956年(昭和31年)04月 名古屋営業所開設(現名古屋支店)
1959年(昭和34年)05月 福岡支店開設
1960年(昭和35年)11月 塩原工場開設
1961年(昭和36年)10月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場
1962年(昭和37年)01月 株式を福岡証券取引所市場に上場
1962年(昭和37年)06月 茅ヶ崎工場開設
1963年(昭和38年)06月 塩原工場完成と共に本社を当工場内に移転、本社工場となる
1963年(昭和38年)10月 住吉工場を本社工場に移転
1966年(昭和41年)08月 株式会社昭和電気接点工業所へ資本参加(子会社)
1970年(昭和45年)02月 飯塚工場開設
1975年(昭和50年)07月 宇美研究所開設(現宇美工場)
1976年(昭和51年)07月 工務部門を分離し株式会社福岡機器製作所を設立(子会社)
1979年(昭和54年)04月 タイ国に合弁会社、サハビリヤニッタン株式会社を設立(関連会社)
1991年(平成03年)11月 茅ヶ崎工場を飯塚工場に統合
1993年(平成05年)11月 本社を現在地(福岡市博多区)に移転、本社工場を福岡工場と改称
1995年(平成07年)10月 タイ国に合弁会社、SVニッタンプレシジョン株式会社を設立(関連会社)
1996年(平成08年)09月 基山工場開設、福岡工場及び宇美工場の一部を移転
2000年(平成12年)03月 株式会社エヌ・ティーサービス株式取得(子会社)
2003年(平成15年)06月 基山工場、飯塚工場、宇美工場をQMS製造本部として、ISO9001:2000認証取得
2005年(平成17年)12月 サハビリヤニッタン株式会社及びSVニッタンプレシジョン株式会社を合併し、SVニッタン株式会社を新設(関連会社)
2006年(平成18年)1月 上海三義精密模具有限公司(現上海恩悌三義実業発展有限公司)に出資し関連会社となる(関連会社)
2009年(平成21年)4月 福岡支店を基山工場内に移転、九州支店と改称
2009年(平成21年)10月 アメリカにNippon Tungsten USA, Inc.を設立(子会社)
2010年(平成22年)8月 上海三義精密模具有限公司(現上海恩悌三義実業発展有限公司)に出資し子会社とする
2016年(平成28年)5月 イタリアにNippon Tungsten Europe S.r.l.を設立(子会社)
 
このページの先頭に戻る