サステナビリティ

トップページ > サステナビリティ

マテリアリティの特定プロセス

 経営層から若手社員まで、多様な人財で構成されたサステナビリティ経営準備委員会を設置し、下記ステップに従い、サステイナブルビジョンを策定すると共に、その達成に必要な“成功の柱≒マテリアリティ”を特定しました。

Step1

社会課題の抽出(社会から見た重要性)

 2050年を見据え、中長期的な社会環境について「社会」「技術」「経済」「環境」「政治」の5つの視点から分析を行い、重要な社会課題を抽出しました。

Step1

サステイナブルビジョンの策定(自社から見た重要性)

 Step 1で抽出した社会課題を、当社にとってのインパクトや貢献可能性などの観点で絞り込み、その解決に貢献している姿をサステイナブルビジョンとして策定しました。

Step1

“成功の柱≒マテリアリティ”の設定

 Step 2で策定したサステイナブルビジョンの実現において重要な下記5つの取り組みを“成功の柱≒マテリアリティ”と定め、取締役会において妥当性を評価し、最終決定しました。

◆ カーボンマイナスへの挑戦
◆ 枯渇リスクの高い資源の有効活用
◆ 提供価値の転換と新たな価値の創出
◆ 働きがいと創造力のスパイラルアップ
◆ リアルとデジタルの融合

成功の柱≒マテリアリティ(重要課題)

成功の柱(カーボンマイナスへの挑戦)
成功の柱(枯渇リスクの高い資源の有効活用)
成功の柱(提供価値の転換と新たな価値の創出)
成功の柱(働きがいと創造力のスパイラルアップ)
成功の柱(リアルとデジタルの融合)

推進体制

サステナビリティ経営委員会を設置し、サステイナブルビジョン2050を達成するための活動を推進しています。

詳しくはこちら

お問い合わせはこちら

本社
  • TEL 092-415-5500 FAX 092-415-5511
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ