技術情報

2016  Volume 40 

Optimum Selection of an Intermediate Material for “Rotary Shearing Die Cutter” for Metal-foil Cutting 金属箔加工用「ロータリーシャーリングダイカッター」における中間材の選定
Kenyu YOSHIZUMI 吉住謙祐
Key words Metal foil die cutter shearing, rotary, intermediate material, burr
キーワード 金属箔、ダイカッター、せん断、ロータリー、中間材、バリ

Abstract

 “Sheet Shering Method” (International Publication NO. WO 2010/013818 A1) owned by NipponTungsten allows a die punch to cut a thin plate with high-quality without fitting in the die. This is a nonfitting cutting method and also applied to a die cutter (rotary-cut type) which has been commercialized as a metal-foil die cutter (rotary shearing die cutter). The rotary shearing die cutter requires an intermediate material. However, effects of such intermediate material on the cutting quality or manufacturing conditions have not been investigated in detail. In this study, we investigated the effects of the intermediate material for a rotary shearing die cutter on the cutting quality and behavior and selected an intermediate material suitable for metal-foil cutting.
日本タングステンが保有する「薄板のせん断加工方法」(SHEET SHEARING METHOD)(国際公開番号:WO2010/013818 A1)は、パンチがダイに嵌合せずに薄板の高品位切断を可能とする。この方法は非嵌合の切断方式であることから、ダイカッター(ロータリーカット方式)への適応も可能であり、金属箔加工用ダイカッター(ロータリーシャーリングダイカッター)として商品化されている。ロータリーシャーリングダイカッターには、パンチ・ダイと被加工物以外に中間板(以下、中間材)が必要となるが、中間材が切断品質や製造条件に及ぼす影響については詳細に調査されていなかった。そこで本研究では、ロータリーシャーリングダイカッターにおける中間材が切断品質や切断挙動に及ぼす影響を調査し、金属箔の切断に適した中間材の選定につなげた。

詳細資料はこちらからご覧ください
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ