技術情報

2016  Volume 40 

Development of a CuW Contact Material with Excellent Crack Resistance for GCB 耐クラック性に優れたGCB 用CuW 電極材料の開発
Toshiyuki BABA, Yasuki MIYAZAKI, Momoyo OIE 馬場俊幸、宮崎寧記、尾家百代
Key words 大電流遮断、アーク、割れ、耐クラック性、銅タングステン、タングステン粒径、ガス絶縁開閉装置
キーワード Large current interruption, arc, crack, crack resistance, copper-tungsten alloy, tungsten grain size, GCB (gus circuit breaker)

Abstract

 Copper-tungsten contacts are known to have hexagonal-shaped cracks on the surface due to thermal shock of arc when interrupting a large current. These cracks are likely to be cathode spots and accelerate the contact erosion as well as hindering extinction of arc. In addition, such cracks stretch to the inside of the contact in an alternating succession of current interruption, and eventually the contact becomes defective. This time, we report our newly developed contact material which has fewer cracks when interrupting a large current.
銅タングステン接点は大電流を遮断するとアークの熱衝撃により表面に亀甲状の割れが発生することが知られている。この割れの部分は陰極点になりやすく、消弧の妨げになるとともに接点消耗を加速させる。また、電流遮断を繰り返すとその割れは接点内部へ伸展し、最終的には接点が欠損する。この度、大電流遮断時に発生する割れが少ない新しい接点材料を開発したので報告する。

詳細資料はこちらからご覧ください
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ