製品情報

トップページ製品情報ファインセラミック > 電子部品検査装置用セラミック冶具

ファインセラミック電子部品検査装置用セラミック冶具

電子部品検査装置用セラミック冶具
電子部品検査装置の搬送ガイド等には、絶縁性やコストの観点からPEEKなどの樹脂製の冶具が多く使用されています。
しかし、樹脂製の冶具では、大量の電子部品の検査工程において、硬度不足から摩耗してしまい、位置決め精度の低下などから検査不良を引き起こします。また、冶具交換などのメンテナンスの回数が増え、生産性の低下が問題になります。
これらの問題を当社の電子部品検査装置用セラミック冶具が解決します。

セラミック加工事例

電子部品の検査工程において、当社のセラミック冶具は、ご要望に適した材料のご提案と高精度加工技術により、最適な検査治具をご提供します。冶具の摩耗による搬送・位置決め精度悪化などを抑制し、長期間における安定した検査品質の実現に貢献します。

@セラミック微細加工、特殊加工事例

窒化ケイ素の微細穴加工事例窒化ケイ素の微細穴加工事例
ジルコニアの微細穴・溝加工事例 穴径:0.08o、溝幅:0.25oジルコニアの微細穴・溝加工事例
穴径:0.08o、溝幅:0.25o

Aセラミック+金属接合事例

電子部品の検査冶具において、絶縁性、耐摩耗性が必要な箇所にのみ、セラミックを組み合わせることが可能です。
セラミック一体物に比べて、冶具を取り付ける際のヒューマンエラーによる破損を抑制でき、大幅なコストダウンが見込めます。
SUS+ジルコニア+超硬 組み合わせ例SUS+ジルコニア+超硬 組み合わせ例

用途例

・半導体製造用周辺部品
・電子部品検査治具
・測定冶具
・搬送ガイド等

お気軽にお問合せ下さい


5Gの普及や車両の電装化などにより電子部品の更なる需要拡大が見込まれています。高い信頼性が求められる電子部品は、様々な特性を検査する必要がありますが、生産量の増加により、検査装置用冶具への負担が大きくなっています。当社ではお客様に最適なセラミック検査冶具をオーダーメイドで製作します。ワークの搬送や位置決め精度のバラツキなどによる検出エラー、メンテナンス頻度の増加などでお困りのお客様はぜひこの機会に当社の電子部品検査装置用セラミック冶具をぜひお試し下さい。

機械部品事業本部 営業部 村上 遼太郎機械部品事業本部
営業部 村上 遼太郎

詳細資料ダウンロードできます。

ニッタン技報47号


セラミック微細加工品の資料を準備しています。

→ ニッタン技報47号

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの営業事務所へお問い合わせください。
  • 東京事務所 TEL 03-5244-9266 FAX 03-5244-9267
  • 刈谷事務所 TEL 0566-45-5333 FAX 0566-45-5334
  • 大阪事務所 TEL 06-6152-8577 FAX 06-6152-8614
  • 基山事務所 TEL 0942-81-7760 FAX 0942-81-7712
  • TEL 0942-50-0050 FAX 0942-81-7713
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ