製品情報

トップページ製品情報ファインセラミック > プレス金型用セラミック NPZ-28

ファインセラミックプレス金型用セラミック NPZ-28

プレス金型用セラミック NPZ-28
コネクターやリードフレームなどに使用される、銅系材料を打抜く精密プレス金型パーツは、超硬合金製が主流です。
しかし、超硬合金製金型パーツでは、1000spmを超える高速プレス生産において、金型への銅の凝着が生じ、金型の短寿命化や製品不良を引き起こします。また、再研磨などの金型メンテナンスの回数が増え、生産性の低下が問題になります。
これらの問題を当社のジルコニア系セラミック材料”NPZ-28”(当社材質名)が解決します。

導入メリット

銅系材料のプレス打抜きにおいて、NPZ-28の金型パーツは超硬合金製の金型パーツに比べて、10倍以上の長寿命を実現します。

@金型パーツの再研磨頻度の低減(超硬合金製と比較して2.5倍)

金属バインダー相が含まれないため、摩耗の原因となる銅との凝着を低減できました。その結果、再研磨が必要となるまでのショット数を、超硬合金製金型パーツに比べ、約2.5倍に伸ばせました(銅系材料打抜き加工の場合)。
また、金型と製品ワークが凝着しないことは、製造される製品の不良率の低下にも寄与します。
表1 再研磨までのショット数(万shot)

打ち抜きテスト
ワーク材質: りん青銅0.2mm
プレス回転数: 1800spm
潤滑: 油潤滑

A金型パーツのランニングコストの低減(超硬合金製と比較して5倍)

側面摩耗が少ないため、超硬合金製金型パーツに比べ1回の再研磨代が約1/5になります。
再研磨代が少ないことで、金型パーツの寿命を伸ばし、ランニングコストの低減に繋げることが出来ます。

NPZ-28の特徴

  • ・NPZ-28とはセラミックの中でも強度の高いZrO2(ジルコニア)と超硬合金の主成分であるWC(炭化タングステン)の複合材料です。
  • ・銅系材料が凝着する原因となる金属バインダー相を含みません。
  • ・ジルコニア系セラミックの中でトップクラスの高硬度、高強度、高靭性を有します。
  • ・超硬合金と同様に放電加工が可能です。

用途例

ご希望の形状でご提供します。

  • ・ブロック形状(指定のサイズ)に切り出してご提供します。
     (最大サイズ 25mm×110mm×110mm) 
  • ・図面をいただければ、図面形状に仕上げてご提供します。

お気軽にお問合せ下さい


近年、プレス加工におけるスタンピングスピードの高速化はめざましく、従来の超硬合金製の金型パーツでは耐摩耗性に限界がみられます。当社も金型パーツ面からの、高速プレス生産改善のご要望を多く頂いています。

その中で、リードフレームを打ち抜く金型パーツの消耗にお悩みであったお客様にNPZ-28を採用いただいたところ、現行の超硬合金製と比べて寿命が約10倍となり、生産性と調達コストを大幅に改善できた事例があります。

NPZ-28はセラミックと超硬合金の両方を製造する当社ならではの材料であり、特に銅系ワークのプレス金型パーツとして絶大な威力を発揮します。

ぜひ当社のNPZ-28をお試しください!
機械部品事業本部 営業部 早迫 裕貴機械部品事業本部
営業部 早迫 裕貴

詳細資料ダウンロードできます。

ニッタン技報46号


NPZ-28の詳細資料を準備しております。

→ ニッタン技報46号

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの営業事務所へお問い合わせください。
  • 東京事務所 TEL 03-5244-9266 FAX 03-5244-9267
  • 刈谷事務所 TEL 0566-45-5333 FAX 0566-45-5334
  • 大阪事務所 TEL 06-6152-8577 FAX 06-6152-8614
  • 基山事務所 TEL 0942-81-7760 FAX 0942-81-7712
  • TEL 0942-50-0050 FAX 0942-81-7713
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ