企業情報 経営方針 経営計画

トップページ企業情報 > 経営方針 経営計画

日本タングステングループ2024中期経営計画

    当社は、創立100周年(2031年)に向けた飛躍への足がかりとして、2018年度から2020年度までの3ヶ年を対象とする「日本タングステングループ2020中期経営計画」を遂行してまいりましたが、外部環境の大きな変化(新型コロナ ウイルス感染症など)による業績悪化、新商品開発の遅れなどにより数値目標を大幅に下回る結果となりました。
    これらのことから、外部環境変化に左右されることなく安定した収益を確保できる体質への改善と成長に必要な新商品の早期事業化が重要であることをあらためて認識し、2020中期経営計画の基本方針をもとに、利益体質強化と新商品創出加速を基本戦略とした2021年度から2024年度までの4ヶ年を対象とする「日本タングステングループ2024中期経営計画」を策定いたしました。

1.基本方針・基本戦略

2020中期経営計画をベースに、新規事業創出加速と利益体質強化により事業価値を最大化し、創立100周年の未来へつなぐ

日本タングステングループ2024中期経営計画

2.戦略の概要

  • 1)利益体質強化
    • ・突発的な環境変化でも安定した利益を創出する体質への変革
    • ・ROE向上のために利益率と資本回転率の向上に取り組みます
  • 2)成長戦略(成長戦略の実現)

    ポートフォリオ再編し、利益創出事業で得たリソースを成長期待事業へ集中し成長

    機械部品事業

    • ・成長期待事業へリソースを集中
    • 新商品(MAZELLOY®など)の市場浸透、構築したGlobal生産体制でNTダイカッターの拡販
    • ・資本効率向上を目指した事業ポートフォリオを再編

    電機部品事業

    • ・成熟化した既存商品市場からモビリティー市場や医療分野など成長が期待される市場を開拓
    • ・棚卸資産の適正化などによる資本効率の改善
  • 3)新商品・新規事業創出の加速
    • ・情報収集力の強化と仮説に基づいた開発、フレキシブルな開発体制により開発スループットを向上させ新商品開発を加速

3.計数目標

  • ・最終年度である2024年度には、ROE:8%、営業利益率:8%、営業利益:10億円、売上高:130億円の達成を目指します

<免責事項>
    当社が開示する情報のうち、業績見通し等の将来予想に関する情報は、開示時点で把握可能な情報に基づき当社が判断した見通しであり、リスクや不確実性を多分に含んでいます。実際の業績等は、さまざまな不確定要因の影響等により、見通しとは大きく乖離する可能性があります。

「日本タングステングループ2024中期経営計画」の詳細資料はこちら

お問い合わせはこちら

本社
  • TEL 092-415-5500 FAX 092-415-5511
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ