製品情報

トップページ製品情報電子デバイス関連 > 磁気ヘッド用基板

電子デバイス関連磁気ヘッド用基板

磁気ヘッド用基板
パソコンなどの主記録メディアであるハードディスクドライブには、データの読み書きを行う磁気ヘッドが搭載されており、このヘッドを形成するベースがスライダーと呼ばれ、現在、Al2O3-TiC系セラミックスが一般的に用いられています。   

当社では、磁気ヘッドスライダー専用のAl2O3-TiC系セラミックス基板 "AC-2,AC-7" を開発し、商品化しています。この "AC-2,AC-7" は世界中の磁気ヘッドに広く使用され、高い評価をいただいており、磁気ヘッドスライダー用基板のスタンダードとなっています。

特徴

極めて高純度
厳選された原料を用い、高度に管理されたプロセスにて製造を行っているため、不純物をほとんど含んでおりません。
ポアフリー
独自の技術を駆使して焼結を行っているため、非常に緻密であり、残留気孔はありません。
均質微細な組織
焼結体の結晶粒子は極めて微細であり、なおかつ均質に分散しております。

◎ 磁気ヘッド製造用治具、周辺部材も製造しております。

セラミック材質紹介ページへ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ