技術情報

トップページ技術情報ニッタン技報 > 第41号 タングステン/モリブデン系抵抗溶接電極特集号(36号改訂版) 

第41号 タングステン/モリブデン系抵抗溶接電極特集号(36号改訂版) 

タングステン系/モリブデン系電極材料の利用分野と使い分け

【純タングステン】・・・・・高温強度が最強
【純モリブデン】・・・・・電極表面のクラック対策に

WやMoは高温強度に優れているほか、ワークピースやそのめっき成分と銅が反応してしまう場合にも効果があります。特にヒュージングなど、電極の発熱を利用しワークを加熱し、高圧力でかしめる用途にはよく用いられています。
 WとMoは以下の項目の優位差により使い分けられています。
 ・熱衝撃による割れはWが発生しやすい。頻繁にクラックや折れが発生する条件ではMoが多用される。
 ・酸化消耗はMoのほうが大きい。酸化消耗による寿命優先の条件ではWが多用される。
 ・高温強度はWの方が高い。高温、高圧力条件ではWが多用される

ニッタン技報 

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ