製品情報

トップページ製品情報超硬合金 > 長尺超硬合金

超硬合金長尺超硬合金

長尺超硬合金
 超硬合金は融点が高くまた非常に硬い金属であるため、長尺製品化に限界がありました。そこで当社では、拡散接合による超硬合金製長尺製品の製造技術を確立し、市販化しております。超硬合金製長尺製品は、刃物等に使用されており、スチール製と比較して耐久性(耐摩耗性)に優れているという特性から、品質向上に大きく貢献しております。

長尺製品製造技術

(1)拡散接合による長尺化
 従来、超硬合金製の長尺裁断刃の製造は困難とされてきました。しかしながら当社では、焼結体同士を
拡散接合法により結合させる技術を実用化し、長さ約5,000oまでの超長尺製品の製造を行っております。
 拡散接合とは、接触した超硬合金同士を加熱することにより、各々の合金が互いに相手材に浸透(拡散)し、その接合部分が一体物と同じ様になる接合法です。この方法による接合部は、Fig.1に示しますように母材と
全く同一品質であり、長尺製品の信頼性を飛躍的に向上でき、事前にHIP処理を施すことで強度も更に向上
します。
 当社では、この拡散接合技術を応用することにより、30×10oの断面で最長5,000mm(5m)もの長尺製品をはじめ、裁断用刃物や高精度・高剛性な特性が要求される部材向け超硬製品を製作し、広くご使用いただいております。
Fig.1 拡散接合イメージ図


(2)主な仕様
製作可能最大サイズは以下の通りです。
なお、その他の形状につきましても製造可否検討致しますのでお気軽にご相談下さい。

関連技術

(1)材料技術
 当社独自の粉末冶金技術の応用により、用途に応じた超硬合金を製作することが可能です。超硬合金は、それを構成するWC粒子の粒径、バインダー金属の種類と量、第3元素の添加等により、耐摩耗性・耐欠損性・強度・耐食性・耐熱性・刃立ち性等のパラメータをお客様のニーズに合わせて最適化する事が可能です。
お客様の御使用ワーク、機械、使用環境(条件)により、最適な超硬合金材料を御提案します。(Table.1参照)
(2)加工技術
 当社では、1951年から超硬合金製造を行っており、その歴史と同じく超硬合金製工具を製作して参りました。半世紀を越える超硬加工技術の蓄積の結果、 様々な加工に対応でき、微細で高精度な加工を要求する刃物から大物製品まで、種々の超硬合金加工製品を御提供いたします。
(3)設計技術
 超硬合金特有の性質を生かした設計をする事により、超硬合金はその本来の性能を100%発揮することができます。スチールと超硬合金の違いを十分に把握 し、その長所・短所を認識することにより、従来品(例:スチール製)から超硬製品への転換もスムーズに行うことができます。超硬化を御検討のお客様は、是 非当社へ御相談下さい。
 私どもは、今後もお客様とのコミュニケーションの中から数多くのお知恵をいただき、様々な改良を加えながら高品質・高性能製品を御提供いたします。

ニッタン技報 技術資料へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ