技術情報

2017  Volume 41 

Development of Fine-Grain Tungsten Carbide Powder Using a Chemical Solution Process 液相プロセスを用いた炭化タングステン微粉末の開発
Shuji UENO, Yu MAEDA, Shinzo MITOMI, *Yoko YAMASHITA, *Tomohiro HARADA(*Fukuoka Industrial Technology Center, 3-2-1 Kamikoga Chikushino, Fukuoka 818-8540, Japan) 上野修司、前田祐、味冨晋三、*山下洋子、* 原田智洋(*福岡県工業技術センター)
Key words fine tungsten carbide powder, chemical solution process, cemented carbides, ceramics
キーワード 炭化タングステン微粒子、液相プロセス、超硬合金、セラミックス

Abstract

 We prepared high purity, fine tungsten carbide powder using a chemical solution composed of tungstic acid, citric acid and ammonia solution. Precursor powder, obtained by spray-drying the chemical solution, was heated under argon to 1423 K. Total carbon of the heat-treated precursors was controlled by adjusting the molar ratio of citric acid and tungstic acid. The carbonization temperature was lower than conventional methods using carbon and tungsten trioxide or tungsten, therefore grain growth was suppressed. The grain size of obtained tungsten carbide was approximately 100 nm. Impurities (iron and cobalt) were less than 10 ppm.
 タングステン酸、クエン酸、アンモニア水溶液を用いた液相合成により高純度かつ微細な炭化タングステン(WC)粒子を合成した。錯体溶液を乾燥して得た前駆体粉末は1423K、アルゴン雰囲気中で熱処理された。前駆体粉末を熱処理して得られた粉末中のトータルカーボン量はクエン酸とタングステン酸のモル比により調整された。WO3やW、カーボン粉末を用いる従来法と比較して炭化反応温度が低いために粒成長は抑制された。得られたWC 粒子のサイズはおよそ100nm であり、鉄やコバルトといった不純物量は10ppm 以下であった。

詳細資料はこちらからご覧ください
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ