技術情報

2017  Volume 41 

Prolonging Operational Lifetime and Reducing Cutting-Edge Chipping in Die Cutters ダイカッターにおける長寿命化とチッピングリスク低減
Takahiro YOSHIHARA 吉原貴裕
Key words Carbide coated anvil roll, Rotary die cutter, Cemented Carbide
キーワード CC アンビルロール、ロータリーダイカッター、超硬合金

Abstract

 We are aiming to make the die cutter stable for a long time. Wear conditions change with different combinations of materials for die cutters and anvil rolls. We required an anvil roll with prolonged
operational lifetime and reduced cutting-edge chipping risk. In a previous study, we evaluated a carbide coated (CC) anvil roll through comparative testing with other materials. In the present study, we conducted long-run tests under high load conditions. We report the wear on the anvil roll and cutting edge of the die cutter, in relation to Young’s modulus and hardness. Our results show that neither chipping nor a rapid increase in the cutting edge land width were observed for the CC anvil roll. In addition, the CC anvil roll prolongs operational lifetime and reduces the risk of cutting-edge chipping under high-load conditions.
 私たちはダイカッターを長期間安定稼働させることを目標としている。摩耗条件はダイカッターとアンビルロールの材料組み合わせによって異なり、長寿命化と刃先損傷リスク低減効果をもつアンビルロールが必要とされている。前報告では、他材種との比較試験によりCarbide Coated(CC) アンビルを評価した。本研究では、高負荷条件下での長期ランニング試験を行った。本報告ではダイカッター刃先の摩耗とアンビルロール表面の摩耗について、ヤング率と硬度の関係性を報告している。その結果、CC アンビルロールと接触している刃先には、刃先ランド幅の急激な増加が見られなかった。またCC アンビルロールは長寿命化を実現し、高負荷条件下においても刃先損傷リスクを低減することがわかった。

詳細資料はこちらからご覧ください
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ