技術情報

2017  Volume 41 

Properties of Braided Tungsten Ribbon Tubes タングステンリボン製ブレーディングチューブの特性
Yusuke NAKAMURA, Kensuke MATSUBARA, Takashi YASUNAGA 中村優祐、松原賢典、安永隆司
Key words tungsten, ribbon, wire, visibility, bend test, buckling displacement, deformation resistance, braiding
キーワード タングステン、リボン、ワイヤー、視認性、曲げ試験、座屈変位、変形抵抗、ブレーディング

Abstract

Although difficult to form, tungsten is used in various shapes for different applications. We developed tungsten ribbons (flat wires) in which we can precisely control the ratio between the width and the thickness. Tungsten ribbon is used widely in medical and environmental applications because it is highly visible on X-ray images, and has high strength. We evaluated the visibility on X-ray and the mechanical properties of braided tubes made from tungsten ribbon or wire. We compared these properties with those of braided tubes made from stainless steel. We confirmed that tungsten ribbon has high visibility on X-ray images owing to the increased surface area increases. Braided tubes made from Tungsten are more resistant to deformation than those made from stainless steel.
タングステン材料は難加工材でありながら、用途に合わせて様々な形状に加工されて利用される。当社で開発したタングステンリボン(平線)は厚みと幅の比率を調整することが可能で、近年ではX 線写真における高い視認性や高強度といった特性から医療分野や環境分野での利用が盛んに行われている。本稿ではタングステンリボンおよびワイヤーをブレーディングしたチューブを作製し、X 線写真における視認性とチューブ形状での機械的特性の評価とSUS 製との比較を行った。評価の結果、タングステンリボンは表面積増大により高い視認性が確認され、SUS に比べて変形抵抗が大きいことが分かった。

詳細資料はこちらからご覧ください
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ