技術情報

2006  Volume 38 

Effectiveness of the Carbon-dispersed Cemented Carbide on the Tribological Properties of Mechanical Seal Rings (Second report) カーボン分散超硬合金がメカニカルシールリングのしゅう動特性に及ぼす効果(第2報)
Ryuichi SAKAMOTO, Koji NAKAGAWACHI, Shuichi IMASATO, Kiyoto MURAKAMI*, Kenji MATSUDA*, Motohiro KANETA* 坂本 竜一、中川内 浩二、今里 州一、村上 清人*、松田 健次*、兼田 ヘ宏*
Key words メカニカルシール、カーボン分散超硬合金、摩耗特性、固体潤滑
キーワード Mechanical seal, carbon-dispersed cemented carbide, tribological properties, solid lubrication

Abstract

From our study, WC-3mass%TiC-2mass%TaC binder-less cemented carbide with dispersed sphere-shaped carbon has excellent performance maintaining hydrodynamic lubricant film under the high PV value condition at the mechanical seal ring application sealing the water. The tribological performances under dry condition were evaluated in this study. In the result, this alloy showed high tribological performances concerning to the frictional torque increasing, the temperature increasing, and the wear on frictional surface. It means that this alloy is a suitable material for solid lubrication associating the contacts between opposed two sliding surfaces directory.

*Dept. Mech. Cntl. Eng., Kyushu Institute of Technology
WC-3mass%TiC-2mass%TaCバインダレス合金に球状カーボン分散させた超硬合金は、純水を封止したメカニカルシールリングアプリケーションにおいて、高いPV値での流体潤滑膜を維持する能力に優れている。本実験では、水の無いドライしゅう動環境における同合金の性能を評価した。その結果、同合金は、しゅう動トルク・温度上昇・しゅう動面の摩耗において、良好なトライボ特性を示した。このことより、相対する2面間の直接接触を伴う固体潤滑においても、同合金が優れたしゅう動部材であると考えられる。

*九州工業大学機械知能工学科
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ