技術情報

2006  Volume 38 

Introduction of long carbide blades 長尺刃の紹介
Takuhiro NAKAGAWA, Ryuichi SAKAMOTO 中川 卓洋、坂本 竜一
Key words long carbide blade, cemented carbide, diffusion bonding
キーワード 超硬合金製長尺刃、超硬合金、拡散接合

Abstract

Cemented carbide is known as having high melting point and extremely hard material. However, manufacturing a long tool was limited due to such characters. Then, we established the manufacturing technology of long carbide tools by using diffusion bonding, and produce them on a commercial basis. The long carbide products are applied to blades etc, showing excellent durability (abrasion resistance) compared with steel blades with high quality.
 超硬合金は融点が高くまた非常に硬い金属であるため、長尺製品化に限界がありました。そこで当社では、拡散接合による超硬合金製長尺素材の製造技術を確立し、市販化しております。超硬合金製長尺製品は、刃物等に使用されており、スチール製と比較して耐久性(耐摩耗性)に優れているという特性から、品質向上に大きく貢献しております。
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ