技術情報

1998  Volume 30 

Some Properties and Workability of Mold Material for High Precision Glass Molding 精密ガラス成形金型の材料特性と加工性
Yoshimichi HARA, Osamu NAKANO, Hiroshi YAMASAKI, Syuuichi IMASATO, Tsuyoshi ASADA, Shinji FUKAHORI 原芳道、山崎洋、深堀真次、今里州一、中野修、浅田剛
Key words high precision glass, aspheric lens, mold material, grinding, polishing
キーワード 超精密ガラス、非球面レンズ、金型材料、研削、研磨

Abstract

High precision glass molding technology has been applied for manufacturing a highly accurate optical element such as glass aspheric lens. In this paper, cemented carbide system and silicon carbide system used as the mold material are introduced. The change of surface condition under the high temperature and workability of these mold materials are discussed. Existence of cobalt affects the stability of surface condition at high temperature in cemented carbide system. Silicon carbide had excellent surface stability compared with cemented carbide. The workability of mold material, which means if good surface condition of material can be obtained and if material can be readily removed after grinding and polishing, is affected by grain size of grindstone, working condition and kinds of material. In particular, the crystal orientation in silicon carbide causes the difference of workability.
超精密ガラス成形技術は、非球面レンズのような高精度の光学素子の製造に用いられている。本論文では型材料として使用されている超硬合金系と炭化珪素系について紹介する。ここでは、これらの型材の高温下での表面性状変化や加工性が論じられている。超硬合金系においてコバルトの存在は、高温下での面性状の安定性に影響を及ぼしている。炭化珪素は超硬と比較して特に表面の安定性がある。良い表面性状が得られ、かつ容易に研削や研磨が出来る型材の加工性は、砥石の粒径、加工条件や材料の種類に影響される。特に炭化珪素は結晶配向性により加工性が異なってくる。
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ