技術情報

1999  Volume 31 

Application of Tungsten and Tungsten Alloys to the Musical Instrument Parts タングステン及びタングステン合金の楽器部品への応用
Yasunao Kai, Dr. Shin-ichiro Iwamiya *), Katsuya Yamauchi
*) 九州芸術工科大学 音響設計学科 教授(Kyushu Institute of Design)
甲斐安直、石宮慎一郎、山内勝也
Key words W, Cu, music instrument, parts, endpin, tail gut, valve cap, top cap, mouthpiece, barrel ring, crown
キーワード W、 Cu、 楽器、 部品、 エンドピン、 テールガット、 ボトムキャップ、 トップキャップ、マウスピース、 バレルリング、 クラウン

Abstract

Tungsten and tungsten alloy are the materials that is used to the electricity contact point and electrode. Also recently, these materials are used as heat-sink of the semiconductor. Tungsten has the characteristic, high sound impeadance and high sound velocity. However, the application of tungsten and tungsten alloy to the musical instrument have not been reported. We applied these materials to the parts of the string instrument and the wind instrument. The applications of the musical instrument parts made by these metals are introduced in this paper. Furthermore, the sound effect of the musical instrument parts made by tungsten was evaluated by comparing with other several kinds of metals according to the SD method, Semantic Differential method.
タングステンやタングステン合金は電気接点や電極などに使用されている材料である。また最近では半導体のヒートシンクにも使用されている。ところがタングステンは音響インピーダンスが高い上に音速も高いという音響特性も持つが、今までにこれらの金属が楽器部品に利用した報告がない。我々はこの金属を弦楽器や管楽器の部品に応用した。これらの金属による楽器部品への応用例を本文で紹介する。さらに、タングステンを楽器部品に用いた場合の音響効果はSD- Semantic Differential−法を用いて他の数種類の金属と比較することで示した。
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ