技術情報

トップページ技術情報ニッタン技報第36号 タングステン/モリブデン系抵抗溶接電極特集号 > 「熱引きがスゴイ!」当社自慢の【NDB電極】

第36号 タングステン/モリブデン系抵抗溶接電極特集号「熱引きがスゴイ!」当社自慢の【NDB電極】

抵抗溶接電極にW,Moおよびこれらの合金を用いる場合、電極先端にこれら材質を適用し、ホルダーや冷却穴部分であるシャンクには銅、およびクロム銅などが用いられています。電極材とシャンクの接合には、一般的には「銀ろう付」もしくは「圧入」が多用されていますが、接合品質がばらつきやすく、電極材の脱落、熱伝導の低下、接合部分での発熱などにより、溶接品質がばらついたり、電極寿命の低下を招いています。
当社では、これら従来の接合方法を改良したNDB法で、お客様に供給しています。NDB法は銅タングステン合金(Cu-W)、ならびにタングステン(W)やモリブデン(Mo)に、銅を直接接合する方法として当社が開発、特許化したもので、Non Defective Bonding(無欠陥接合)の略称です。NDBの工法を図1に示しますが、治具にW、MoまたはCu-W合金をセットし、Cu片を乗せ、非酸化雰囲気電気炉中でCuを溶解し、その後冷却してCuを凝固させ、シャンクを形成させます。
 表3にろう付品とNDB品の接合部の品質比較を、写真9にろう付品の接合部断面を、写真10にNDB品の接合部断面を示します。3)
 NDB品にはろう材や欠陥などが存在しないため、シャンクへの熱伝導がよく、通電休止時の電極冷却が早いのが特徴です。電極寿命を短くするスケールアウトや熱変形を防止するばかりでなく、ショットサイクルを上げ、生産性の向上に寄与でき、ろう付や圧入では不可能な領域の溶接サイクルを実現できています。ただし、電極材質によってはNDB化できないものもあり、表2に可、不可を示しました。

NDB電極/ろう付電極 比較試験

ニッタン技報 

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ