製品情報

トップページ製品情報タングステン・モリブデン製品 > タングステン・モリブデン使用上の注意

タングステン・モリブデン製品タングステン・モリブデン使用上の注意

1 保管
(1) タングステン、モリブデン粉のうちタングステン粉の2μm以下及びモリブデン粉の3μm以下の微粉末は、消防法上第2類の可燃性固体に分類されており、消防法に基づく保管が必要である。
これらの微粉末は、火炎を近づけたり、高温に保つと着火燃焼するので注意が必要である。
(2) 線引仕上げ線(ブラックワイヤ)や、温間仕上げ板(鍛造、温間圧延)は、空気中に放置しても、酸化膜が強固に付いているため、比較的長期間保存に耐えるので保管が容易である。
しかし、熱処理・化学処理、又は電解研摩処理材は酸化し易いので、これらの線を1週間程度保管するには、湿度60%以下、温度28℃以下で、且つ化学薬品類から隔離された環境が必要である。従ってデシケータや空調室(恒温恒湿)などに保管し、また、表面を素手で触れないよう取扱いに充分の注意が必要である。
(3) 冷間圧延板、機械加工仕上げ品も表面酸化し易いので、乾燥雰囲気での保管が必要である。万が一酸化された場合、酸化の程度にもよるが、例えば、冷間圧延した鏡面仕上げ板で、青色酸化膜が付着した場合では、水あるいは湯を浸した布で拭くことによって除去できる場合がある。
(4) 10μm程度の極細線では、酸化により線同士が固着し、引き出し不能となり、再生処理もできなくなる。また、工程待ちの間でもデシケータに保管し、スプールのフランジに傷を付けないように、細心の管理が必要である。
(5) 化学処理線を空気中に放置し、酸化変色した場合、再生のため水素炉処理を行っても、表面がマット状になるため、その延性は悪化する。従って、延性に関しては、MGで5%減程度の電解研摩による再生が必要である。
(6) スプール巻き細線は、スプールを横にして振動、又は急激な温度変化を与えると、巻きくずれ・もつれの等の原因になる。

2 汚染脆化
(1) ブラックワイヤのグラファイト層を水素で除去する際には、湿潤水素を用い1,300〜1,500℃ 程度の処理を行う。また、グラファイトを除去した線(化学仕上げ、焼鈍仕上げ線等)の熱処理に際しては、特に前工程での油脂、汗類の付着防止あるいは、その除去を徹底する必要がある。
(2) モリブデン板の熱処理(加工歪の除去)をする際には還元性雰囲気(望ましくは乾燥水素)を用い、850〜950℃ 程度の処理を行う。また、酸化膜を除去した板(化学仕上げ、冷間圧延、機械加工仕上げ等)の場合には、グラファイトを除去した線と同様、前工程での油脂、汗類の付着防止あるいは、その除去を徹底する必要がある。
(3) 800℃以上の熱処理を行う化学研摩、熱処理、電解研摩、機械仕上げ材料では、ニッケル、鉄、コバルト及び、その合金製部品、例えば、ピンセット、ガイドプーリ、炉用ボート等との接触を避ける必要がある。なぜなら、接触部に溶融状のピンホールが発生したり、脆化が発生するのを防ぐためである。また、鉄錆の粉末等が付着した線を熱処理すると同様の現象が発生する。
(4) 材料(線・棒・板等)の熱処理に際しては、水素炉の保守に細心の注意を払い、常にきれいな状態にして置くことが必要である。
@ 炉ヒータの交換の際には、著しく変色した耐火物の再使用は危険であり新品を補充することが必要である。
A 炉ヒータの交換後の炉の空焼きを充分に行う必要がある。
B モリブデン材料の熱処理炉には、それ以外の材料、例えば鉄棒、ニッケルボート、カーボン、ステンレス鋼、青銅等のジグ部品を入れ、炉を汚染してはならない。
C ニッケル線、銅線等の熱処理炉とは必ず別にして、共用による炉の汚染をしてはならない。

3 機械加工
(1) 0.2mm以上の線・棒・板の加工(折り曲げ、打ち抜き、切断等)の際には加熱加工をした方が加工し易くなる。加工温度は、600〜800℃が目安であるが、最適温度は素材の加工度によっても異なる。
例えば、2mm厚以上の板の切断には、常温でハクソー(ハンドソー)や、グラインダーカッタを使用するか、充分加熱してシェア切断等することが必要である。
(2) クラックを生じた繊維組織の線・棒・板に圧縮、折り曲げ、しごき、ねじり等の力を加えると、そのクラック(層状クラック)は伝播する。従って、切断や打ち抜きの際には、切り口にクラックをいれぬ様に、カッターの刃先と、クリアランスは常に管理する必要がある。

4 安全上の注意
(1) タングステン、モリブデン金属粉の摂取を避けるため、粉塵を吸い込まない様に防塵マスクを着用し、食事や喫煙前には石鹸で手を洗う必要がある。
(2) 線・棒の曲げ、機械加工時は保護眼鏡を着用する必要がある。
(3) ティグ溶接時の先端加工の際は、研摩屑の吸入を避けるため、集塵を確実に行い、マスクを着用する必要がある。また、溶接時に発生するヒュームを吸い込まない様にマスクを着用する必要がある。

5 その他
(1) 完全に再結晶させた線・棒・板は、その性質上、脆い傾向を持っているので、取扱い上衝撃を与えないことが必要である。
(2) スプール巻きは、原則として線の巻き替えをしてはならない。巻き替えが必要な場合でも、真直性を重視する線では巻きゆるみ防止の目的でスプールに強く巻き込むと真直性を損なうので逆張力が線の引張り強度の10%を超えない様にする必要がある。
(3) 溶接には、ティグ溶接、バット溶接、電子ビーム溶接、プラズマ溶接等の方法が用いられている。しかし、溶接部は非常に脆くなることを承知の上で施工する必要がある。
(4) 研摩方法としては、化学研摩、電解研摩、グラインダ研摩、バレル研摩の方法があり、それぞれの場合に適した方法を選ぶ必要がある。



タングステン・モリブデン工業会 発行 タングステン・モリブデン技術資料1997年2月より抜粋

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ