製品情報

タングステン・モリブデン製品タングステンリボン

タングステンリボン
 タングステンは難削材であり、今までは1mm以下のような極小のタングステン(薄板)の製造はできなかった。
 当社では極小のタングステンリボンの製作が可能となったので、ご紹介致します。

製作可能サイズ

幅は厚みの2.5倍〜8.0倍まで製造可能です。最少5x20μm、最大0.5x3mmまで製造実績があります。
 タングステンリボンの断面形状を写真1に示しますが、リボンの側面は円弧状です。

表面仕上げ

表面の仕上げ方には、下記のような仕上げ方法が可能です。
@電解研磨品:電解研磨にて金属光沢を有する表面状態のもの。
A鏡面品:電解研磨仕上げより、さらに表面を滑らかに仕上げたもの。
Bメッキ品:表面に金メッキ等を施したもの。

リボン形状のメリット

 リボン形状の物のメリットとしては、下記のことが考えられます。
@コイル重量の軽量化
 同じMGの丸形状の線材とリボン形状の線材で比較するとリボン形状の物では、より長いコイルが製作で
きます。つまり、同じ長さのコイルでは、リボン形状の物の方が軽い重量で製作できます。なお、MGとは線材
を200mmに切断したときの重量(mg)です。
Aコイル径の細小化
 写真5のように、同一MG線材では、コイルの外径は小さくなります。
B被服面積の増加
 写真5のように、同一MG線材では、リボン形状の物の方が物体を覆う面積が広くなります。
C耐変形性
 丸形状に比較し、リボン形状では幅方向の力には変形しにくくなります。
 ただし、厚さ方向の力には変形しやすくなります。

その他サイズの製作について

 上記以外のサイズや仕上げ方法につきましても、ご要望に応じて検討致します。

◎ ニッタン技報 技術資料ページへ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-961-1081 FAX 052-951-5395
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ