製品情報

トップページ製品情報製品Q&A > タングステン・モリブデン製品Q&A

製品Q&Aタングステン・モリブデン製品Q&A

Q.1 タングステンの酸化、劣化等について教えてください。保存はどのようにすればよろしいでしょうか?
A.1 タングステンは、徐々に酸化して光沢を失います。極端に錆びてぼろぼろになるようなことは通常はありません。ただし、高温多湿、結露、手垢などの汚れなどの条件がありますと酸化が加速されますので、注意が必要です。一週間以上保管する場合は湿度60%以下、温度28℃以下、化学薬品類から隔離された環境を推奨しております。また使用上の注意をこちらに掲載しております。ご覧下さい。

Q.2 タングステンの使用温度、使用雰囲気は?
A.2 タングステンは400℃から酸化が始まり、700℃でWO3を形成し、急激に酸化します。加熱してご使用される場合は、還元雰囲気(水素)中、不活性ガス雰囲気中もしくは、真空中でのご使用をお勧めします。 また使用上の注意をこちらに掲載しております。ご覧下さい。

Q.3 タングステンと他の金属との密度、比熱の違いを教えてください。
A.3 タングステンの密度は金に次ぐ19.30g/cm3で高密度です。比熱は138J/Kg・Kで鉛や金と同等程度です。以下に他の金属との比較を示します。

金属の密度と比熱
金属密度(g/cm3比熱(J/kg・K)
タングステン19.30138
モリブデン10.22275
11.36129
7.87447
すず7.30226
8.93414
10.49233
19.32128
Q.4 タングステンは難削材ですが、大型・複雑形状のものは製造できないのでしょうか。
A.4 当社では、新製法のタングステン材料を開発を行い、大型・複雑形状のタングステン加工品の製造を可能にしました。
☆ 詳細はこちらをご覧下さい。

コロナ放電タングステン線について

Q.5 酸化タングステン層の膜厚はどれ位でしょうか?
A.5 正確に測定したことはありませんが、ゴールド〜ダークブルーの色は光の干渉によると考えられますので、光の波長程度(1μm以下)と考えられます。

Q.6 酸化タングステン層の付着強度はどれ位でしょうか?(ピンセットなどで擦る程度で剥れなど発生しますか?)
A.6 酸化タングステン自体の機械的強度が高くないので、硬い金属などで擦ると剥がれる可能性はあります。線の曲げなどに対しては問題なく密着を保ちます。

Q.7 酸化タングステン層の抵抗値はどれ位でしょうか?
A.7 薄膜なので、正確な測定は難しいと思われます。酸化タングステン自体は酸化の状態にもよりますが、導電性を持つようです。実際に酸化タングステン線も普通のタングステン線と同レベルで導通します。

Q.8 酸化タングステン層の耐薬品性は?(酸・アルカリに対する耐性)
A.8 アルカリには溶解します。酸に対しては、温度や一部の酸によって異なりますが、耐性はございます。

☆ タングステンに関する情報はタングステンの粉体粉末冶金用語事典に65項目掲載しております。

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ