技術情報

2003  Volume 35 

Effect of Sintering Conditions on Arc Erosion Properties of Electric Contact Materials of Ag- Ni, Ag-Graphite Series Ag−Ni、Ag−Gr系接点材料の消耗特性に及ぼす焼結条件の影響
Yuji KUBO, Tomoki OOBA, Tetsuya OKAMOTO, Tomoyuki UENO 久保祐二、大場友樹、岡本哲也、上野智行
Key words The molded case circuit breaker  Ag-Ni, Ag-Graphite  sintering conditions arc erosion properties  residual carbon  wear resistance
キーワード 遮断器、開閉器、銀ニッケル、銀グラファイト、焼結条件、消耗特性、残留カーボン、耐消耗性

Abstract

At present, on the molded case circuit breakers for the medium ranges, most of contact materials have been usually composed of Ag-Ni or Ag-Graphite series materials. The demands on the electric contact material increase more than ever along with miniaturization and high-efficiency of equipment and further improvement of the contact performance is required.
This report introduces the effect of sintering conditions on the arc erosion properties of electric contact materials of Ag-Ni, Ag-Graphite series. If the amount of residual carbon in the contact decreases the contact shows high wear resistance.
現在、中電領域に使用されている遮断器、開閉器には通常、Ag-Ni, Ag-Gr系の接点材料が多く使用されている。機器の小型、高性能化により、接点に対する要求はますます厳しくなり、さらなる接点性能の向上が望まれている。
ここでは、接点の消耗特性に及ぼす焼結条件の影響について述べる。焼結時間を長くすると、ワックスの添加による残留カーボン量が減少すると共に、接点の耐消耗性も向上する。
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ