技術情報

2004  Volume 36 

Development of the next generation Ti-based wear & corrosion-resistant material “TX1” 次世代チタン基耐食耐摩耗材料 “TX1”
Kenji NAKAHARA, Masanori SAITO, Ryuichi SAKAMOTO, Shigeya SAKAGUCHI 中原賢治、西藤雅則、坂本竜一、坂口茂也
Key words Ti-based sintered alloy, corrosion-resistance, wear-resistance, tribology, NaCl, H2SO4
キーワード チタン基焼結合金,耐食性,耐摩耗性,トライボロジー,NaCl,H2SO4

Abstract

The next generation Ti-based corrosion & wear-resistant material “TX1”, which combines excellent wear-resistance equivalent to cemented carbides with exceptional corrosion-resistance, has been developed. The hardness (wear-resistance), which is a disadvantage of conventional Ti-based hard material, has been improved dramatically because of change of Ti/C atom ratio in TiCx raw powder. This is because phase content of TiCx in sintered alloy is increased by relatively increasing fine TiCx powder content through making Ti/C atom ratio in TiCx raw powder larger. And another reason is that grain size in sintered alloy can be reduced by sintering at lower temperature due to acceleration of densification. It has been confirmed that TX1 is an alloy combining excellent wear & corrosion-resistance with good tribological property.
超硬合金に匹敵する耐摩耗性と非常に優れた耐食性、およびしゅう動特性を兼ね備えた次世代チタン基耐食耐摩耗材料 『TX1』 を商品化した。TiC原料粉末のTi/C原子比を変化させることによって、従来チタン基硬質材料の欠点であった硬度(耐摩耗性)を大幅に改善することができた。これは、TiC原料粉末のTi/C原子比を大きくすることによって、微細なTiCx原料粉末が相対的に増大し、TiCx相量が増大することによる。また、焼結緻密化促進に伴い低温で焼結することができ、合金中の結晶粒径を小さくできるためである。電気化学的測定およびしゅう動試験によって、TX1がすぐれた耐食性と耐摩耗性、しゅう動特性を兼ね備えた合金であることが確認された。
← 前へ  | TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ