技術情報

2004  Volume 36 

Some Factors Deciding the Non-Sag Grain Structure of Doped Tungsten Fine Wires 白熱球フィラメント用ドープタングステン細線のノンサグ組織を決定する2, 3の因子
K.ouji Fujii, Kouji Tanoue 藤井浩二, 田上耕司
Key words bubble, secondary recrystallization, grain aspect ratio, interlocking, grain boundary sliding, surface energy of wire, filament
キーワード バブル、2次再結晶、粒子アスペクト非、インターロッキング、粒界すべり、

Abstract

Scanning electron microscopic (SEM) observations on potassium bubbles and the measurement of the orientations of the wire axis for secondary recrystallized grains are made to clarify what plays a significant role in the formation of the non-sag grain structure in doped tungsten fine wires. Bubbles, the mean diameter of which is 23 nm, are present at grain boundaries with a high area density of 1013m-2. It is concluded that the formation of the non-sag grain structure, which is characterized by the interlocking and the high aspect ratio of the grains, results mainly from the competitive growth of many nucleated grains through the non-uniformly distributed rows of bubbles which are aligned along the wire axis.
ドープタングステン細線におけるノンサグ組織の形成に何が重要な役割を果たしているかを明らかにするため、カリウムバブルについての走査型電子顕微鏡(SEM)観察や2次再結晶粒の軸方位の測定が行われている。平均粒径が23nmであるバブルが1013m-2という高い面密度で粒界に存在した。粒のインターロックや高いアスペクト比によって特徴付けられるノンサグ組織の形成は、多くの再結晶核が線材軸に沿って並ぶバブルの列の不均一な分布を通して競争的に成長することに主に起因すると結論される。
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ