技術情報

1997  Volume 29 

The Development of High Quality Tungsten Wire for High Stress Halogen Lamp 高ストレスハロゲンランプ用高品質タングステン線の開発
Keiji HARA, Hiroshi ITO, Kouji FUJII 原慶次、伊藤博、藤井浩二
Key words Doped tungsten wire, halogen lamp, tensile strength, potassium, chisel-type fracture
キーワード ドープW線、ハロゲンランプ、抗張力、カリウム、チーゼル型破壊

Abstract

The halogen lamps used as the light source in copying machines suffer from short service life, caused by stress of repeated elongation and contraction of the filament occurring as the lamp is turned on and off. To resolve this problem, the authors developed a new doped tungsten wire for use in high-stress halogen lamps. Lamp life was improved by using a potassium content of 85 to 110 ppm, achieving a tensile strength at room temperature to 2000 to 3000 N/mm2 while reducing working strain by heat treatment during working, and increasing the tensile strength at 2773K to over 55 N/mm2 in a nitrogen atmosphere.
複写機の原稿照明光源として用いられるハロゲンランプは、点灯と点滅を繰り返し行なうため、この時のフィラメントの伸び縮みによるストレスで、短寿命になるという問題点がある。
我々は、これらの問題点を解決する方法として、ドープタングステンのカリウム含有量を85〜110ppmにし、かつ、線の加工歪を加工中の熱処理で制御して室温での抗張力が2000〜3000 N/mm2、及びで窒素雰囲気での2773kにおける高温抗張力を55n/mm2以上にすることで、十分な寿命が得られる高ストレスハロゲンランプ用タングステン線を開発した。
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 |  → 次へ

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ