製品情報

トップページ製品情報 > タングステンの粉体粉末冶金用語事典

タングステンの粉体粉末冶金用語事典

    タングステンの冷間圧延、加工

タングステンの冷間圧延 cold rolling of tungsten

 タングステンは再結晶により機械的強度が著しく低下するため、再結晶温度以下、脆性遷移温度以上で冷間加工が行われる。圧延温度は通常1,400〜1,800Kであり加工が進むに従い低くする。厚さ1mm以下の箔の圧延は1,000K以下で行われる。箔の圧延には多段ロールが用いられる。加工途中、温度が低下するため加熱は1パスごとに行う。1パスあたりの断面減少率は10〜20%とする加工ひずみ除去のため、一定の加工度ごとに水素炉中で焼鈍する。

タングステンの冷間加工 cold working of tungsten

 加工硬化の生じない温度以上での加工を熱間加工、それ以下の温度での加工を冷間加工という。タングステンは再結晶により機械的強度が著しく低下するため、再結晶温度以下で冷間加工が行われる。ただし、廷性-脆性遷移温度が高いため室温での塑性加工は困難である。加工温度は鍛造や圧延では1,400〜1,800Kとし、線引きや箔の圧延では600〜1,400Kとする。一般に加工が進むに従い加工温度を低くする。1パスあたりの断面減少率は10〜30%である。加工により繊維組織が発達し、材料の硬度ならびに引張強度は高くなる。加工によってひずみが蓄積され加工硬化が進むため、所定の加工度ごとにひずみ除去の焼鈍を行う。

タングステンの冷間伸線 cold drawing of tungsten

 タングステンの伸線は再結晶温度以下、延性-脆性遷移温度以上の冷間で行う。加工温度は600〜1,400Kである。線の温度低下を避けるためダイスも加熱する。線径の小さくなるほど加工温度は低くする。伸線には超硬合金ならびにダイヤモンドダイスを用いる。1回あたりの断面減少率は10〜30%とする。ダイスと線の摩擦を低減するため、黒鉛を水に分散した潤滑剤を用いる。加工途中、所定の加工度ごとに焼鈍を行う。                



                                                  粉体粉末冶金用語辞典 より
                                                  編者:(社)粉体粉末冶金協会
                                                  発行所:  日刊工業新聞

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ