製品情報

トップページ製品情報 > 超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

超硬合金の粒成長抑制 grain growth inhibition of cemented carbide

 超硬合金の粒成長は、コバルト(Co)、ニッケル(Ni)などの結合相金属の溶融による液相中へのWCの溶解と析出による。すなわち、WC微粒子は溶解し、その溶質がWC粗粒子上に析出して粗粒子がさらに成長する機構で粒成長する。超硬合金の粒成長抑制は、主にこの液相中でのWCの溶解、析出現象を抑えることにより行われる。一般的には、他炭化物の添加によりWCの粒成長を抑える方法が採られており、この機構は、液相中へ他炭化物が優先的に溶解し、WCの溶解量を抑えること、およびWCへの析出を押さえることと考えられている。この効果は、VC>NbC>TaC>TiC>Cr32の順となりVCが最も有効とされている。しかし、VC量が多いと冷却時に粗大(W、V)C相が晶出し、機械的特性が低下するため、添加量は固溶限より少なくすることが必要となる。最近の超微粒合金では、複数種の炭化物の固溶により他炭化物の液相中への総溶解量を増やし、他炭化物の晶出を防止し、結果的にWCの溶解を更に抑える方法、例えば、VCとCr32、TaCとCr32の複合添加が多く用いられている。数値計算研究によると、0.1μm以下では粒成長は本質的に顕著になるとされる。


                                                 粉体粉末冶金用語辞典 より                
                                                 編者:(社)粉体粉末冶金協会
                                                 発行所:  日刊工業新聞


超硬合金の粉体粉末冶金用語辞典 目次へ
超硬合金製品ページへ





日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ