製品情報

トップページ製品情報 > 超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

Schroter特許 Schroter patent

 1918年ドイツのSchroterらはダイヤモンドに代わる引抜きダイス用材料の開発研究を開始した。従来は溶製タングステンカーバイド(WC)や鉄系金属を溶浸したWCなどが試みられたが、実用に至らなかった。彼らは、WC粉末をあらかじめ用意し、これにコバルト(Co)粉末を加え、混合、プレス後焼結すると低温でも十分に緻密化することを見出した。この合金は、均質で強靱性に富みかつ高硬度であることが分かった。焼結法による製法は新しい発想であり、Schroter特許として知られ、今も実用されている。


                                                 粉体粉末冶金用語辞典 より                
                                                 編者:(社)粉体粉末冶金協会
                                                 発行所:  日刊工業新聞


超硬合金の粉体粉末冶金用語辞典 目次へ
超硬合金製品ページへ

 


                                                 

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ