製品情報

トップページ製品情報 > 超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

超硬合金粉体粉末冶金用語辞典

超硬合金の製造法 manufacturing process of cemented carbide

 所定組成に配合した原料粉末を有機溶剤中でボールミルにより混合・粉砕する。これを乾燥後、パラフィンなどの潤滑剤を数%添加する。流動性を増すために造粒することもある。粉末を金型やゴムモールド内で加圧し、成形する。この圧粉体に水素又は真空中、400℃以下での脱脂および必要に応じて600〜1,000℃での予備焼結を施す。複雑形状品の場合には、予備焼結後機械加工する場合もある。焼結は通常1,350〜1,550℃の真空中で行われる。高寸法精度製品には、研削などの加工を施す。


                                                 粉体粉末冶金用語辞典 より                
                                                 編者:(社)粉体粉末冶金協会
                                                 発行所:  日刊工業新聞


超硬合金の粉体粉末冶金用語辞典 目次へ
超硬合金製品ページへ




日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ