製品情報

トップページ製品情報電気接点関連 > 配線用遮断器接点新材料

電気接点関連配線用遮断器接点新材料

配線用遮断器接点の新材料 
【従来材よりも銀量を減らし、しかもアーク遮断性能を向上】
 弊社では、配線用遮断器の接点として、電気を通しやすい銀と、熱に強いタングステンや炭化タングステン等の複合材料を製造しており、耐消耗性、耐溶着性、電気伝導性に優れた材料として好評を頂いています。
 今回、原材料の高騰や、遮断器の国際的な価格、性能競争に対応するため、銀を減らした上で、遮断器用接点に要求される特性を保持した材料の開発を行いました。
○新開発材料「HS2α」、「HD-8α」
新開発材料従来材料
呼称組成(wt%)呼称組成(wt%)
HS2α45Ag-50WC-5XHS260Ag-40WC
HD-8α77Ag-12.5WC-10.5XHD-879Ag-12WC-9X

新開発材料の耐アーク特性

 従来材に比べ、新材料「HS2α」、「HD-8α」は、アークが素早く接点先端に移動します。そのため接点の消耗が抑えられます。

日本タングステンへのお問い合わせはこちら

お電話・FAXのお客様はお近くの支店へお問い合わせください。
  • 東京支店 TEL 03-5812-2481 FAX 03-5812-2484
  • 名古屋支店 TEL 052-203-1081 FAX 052-203-1082
  • 大阪支店 TEL 06-6372-5681 FAX 06-6371-3986
  • 九州支店 TEL 0942-50-0050 FAX 0942-50-0055
日本タングステン株式会社(Nippon Tungsten Co.,Ltd)
〒812-8538 福岡市博多区美野島一丁目2番8号
TEL 092-415-5500(代表) / FAX 092-415-5511(代表)
Copyright(C) 2006 Nippon Tungsten Co., Ltd. All right reserved.
お問い合わせフォーム お電話・FAXでのお問い合わせ