製品情報
サイト内検索
トップページ製品情報その他 > PIM(粉末射出成形)
製品情報 その他

PIM(粉末射出成形)

日本タングステンのPIM(粉末射出成形)技術は、粉末冶金メーカー独自の、”こだわりのPIM”として今まで培った、粉末冶金技術と加工技術を集約させた、全く新しい粉末冶金技術です。
是非一度 見積もり依頼をお願いいたします。
迅速に、見積もりいたします。
PIM(粉末射出成形)
特徴
*セラミックス(対応材種はNPZ1=ジルコニアAlN=窒化アルミ)の複雑形状部品がほぼ最終形状(ニア・ネット・シェイプ)で実現でき、コストダウンが可能になります。
*金型プレスでは不可能だった、横穴や溝などの3次元構造が実現でき、形状設計の自由度が広がります。
*複数の部品で組み立てられていた、複合部品の、一体化が可能になります。
*寸法精度は±2%以下が実現でき、表面粗さRmax8〜15μmと表面は滑らかです。
この製品に関するお問い合わせはこちら
 
このページの先頭に戻る